MENU

マッサージの種類

ネット上でマッサージの種類として紹介されているものは、
手技療法とされるすべての療法を挙げているケースがほとんどのようです。
 
鍼・灸などについてもマッサージの種類として扱われているようですが、
このサイトでは「マッサージ」の名称を付けて施術されている代表的なものについて情報提供しましょう。

 

1つ目は「タイ(古式)マッサージ」です。
足に重点をおいたマッサージで、すべての動作を施術者に委ねます。
患者は寝転がっているだけですが、運動後のような爽快感をもたらしてくれる術式です。

 

2つ目は「アーユルヴェーダマッサージ」です。
インド古来の総合的健康法で、
体質に合わせた薬草油でオイルマッサージを行うアビヤンガとスヴェダナという発汗術の施術です。

 

3つ目は「アロママッサージ」です。
動植物から採取した香り高いエッセンシャルオイル(精油)を使い、
施術者が手で塗り伸ばしながら行う健康法です。
主にエステティック店で行われており、アロマセラピーを併用したリラクゼーションマッサージです。

 

4つ目は「リンパマッサージ」です。
比較的新しい手技療法で、20世紀後半になって始まりました。
医療面でも美容面でも「むくみ」に対し効果的なマッサージです。

 

5つ目は「スポーツマッサージ」です。
通常のマッサージは「疲労回復・リフレッシュ」といった目的で行いますが、
スポーツマッサージは運動後のクールダウンのためのマッサージです。

 

6つ目は「クイックマッサージ」です。
短時間での施術を売りにするマッサージで、
1部位当たり15分から20分くらいでケアを行います。

 

なおこれらの他に「足ツボマッサージ」「ハンドマッサージ」なども
多くの患者から支持されています。